イベント詳細

小江戸を撮ろう


2018年3月4日(日)フォトツアー!川越ぶらりフォト散歩

講座内容 埼玉県の川越は昔ながらの古い蔵造りの町並みが保存されていて連日たくさんの観光客で賑わっております。

また菓子屋横丁は江戸時代に創業した菓子屋が始まりとなり今に続いていて、風情のある雰囲気でこちらも連日たくさんの観光客で賑わっております。

喜多院はもともとは無量寿寺という名称で、北院、中院、南院とあった大寺院であったが、のちにそれぞれ独立をするような形となり北院は喜多院と改められた。(南院は昭和の始めに廃院となった)

喜多院は天台宗の寺院で元三大師(がんざんだいし)をお祀りしており別名は
川越大師と呼ばれている。

見所の一つである五百羅漢は五百数十体の羅漢像があり一体一体様々な表情を見せている。



撮影のポイント



光を捉えて構図を工夫してみましょう。

ホワイトバランスを変えると同じ被写体、構図でも色合いが変わり表現が変わります。

絞りを調整して好みのボケ加減を表現してみましょう。

五百羅漢の表情をポートレート風に撮影してみましょう。


カメラを始めたばかりの方は一度にたくさん覚えるのは難しいですから、
「カメラってこんな事が出来るんだ。」
という事を知って貰えればいいと思います。

一度にたくさん覚えようと思うと頭がパニックになってしまいますので無理をせずに楽しんで続けて下さい。

素敵なカメラライフを続けていきましょう!
集合時間 13時集合
(16時頃解散予定)
集合場所 川越駅付近
募集人数 定員20名
画像について 実際に現地で撮影したものです。
カメラの機種やレンズ
その他気象条件などによりまったく同様のものが撮影できるとは限りません。
参加費(講習料) 3000円
(入場料などの実費は各自でお支払い下さい)
喜多院拝観料は含みます。




参加費支払い方法 当日現金にてお支払い下さい。
募集受付締め切り日 前日
備考 歩行中の喫煙はご遠慮下さい。
防寒対策を万全にしてご参加下さい。
初心者向けワンポイントアドバイス

1、カメラのモードはシャッタースピード優先がおすすめです。
動きのある被写体を見つけた時にすばやく対応できるため。

2、ホワイトバランスを調整して色味を変えてみよう。

3、昔ながらの町並みや寺社などはモノクロやセピアなどでも撮影してみよう。

4、露出補正で明るさを変えてみよう。
※イベントのキャンセルはキャンセル料が発生する場合があります。詳しくはキャンセルについてのページを参照下さい。

お申し込み・お問い合わせはこちら